恋人たちが親密な関係になる第一歩としてキスを誰もが上げるところだと思います。しかしながら、せっかくのキスが2人の仲をもり下げてしまう可能性があることを理解しておかなければなりません。
なぜならキスを通じて口臭 がわかるからです。もちろん、はじめてのデートの頃から口臭 については注意をしているものでしょう。これは男女問わず同じことだと思います。デリカシーの一貫ですから。しかしながら、お互いの距離を詰める際の儀式としてキスで口臭 がわかることによってマイナスに働くことがあるのです。
唇を重ねる、そしてその後にお互いの舌を絡ませようとすると間違いなく、これまでケアしていた口臭の目論見が大きくずれることがあります。どうしても唇より中になると、極端に言えば内臓にあたるわけです。敏感に感じ取るであろう舌が合わさることによっていっそう、そのポイントはあからさまになるわけです。もちろん、通常の口臭とは違い、キスをしたときの舌をつうじた臭い、または味覚に近いようなものは自分自身ではなかなかわかりづらいものです。もちろん最近では通常の口腔ケアの中に歯磨きだけではなく、舌をいかにしてきれいにするかと言うポイントもピックアップされています。しかしながら、はじめての時はケアをするでしょうが継続した付き合いをしていく中で日々このようなケアをしながら付き合っていく事は難しいかもしれません。要するに一般的な臭いだけではなくこのように内臓に近いような1部をさらけ出すことになると、ある意味愛生に近いものを感じるところはあります。臭いだけではなく味覚、そして触感といったところも含めてキスについてはわかるわけですから相性も重要なポイントです。