長引くマスク 生活で口臭 が気になると悩んでいる人も増えているのではないでしょうか。口臭が発生する理由は色々ありますが、その原因の多くは口内細菌が増えることによるものです。マスクをしているとどうしても息苦しくなるため、口呼吸が増加します。口呼吸により口の中が渇いてしまうことで、口の中を唾液が循環しにくくなり細菌が増殖します。マスク を貫通するニオイの原因は、マスク本体にある可能性もあります。マスクを装着した状態で長い時間を過ごすと、口内細菌が含まれた飛沫などがマスクの内側に付いてしまいます。時間の経過すると、臭いの原因となる細菌がマスク内で増殖してしまいます。では、マスクを貫通する口臭 はどのように防げば良いのでしょうか。それを解説してゆきます。まずは鼻呼吸をするように気を付ける必要があります。普段から意識するようにするだけでも、かなり改善するので試してみてください。「あいうべ体操」という方法もあるので、気になる人は調べてみましょう。こまめに水分を補給することも大切です。マスクをしていると喉の渇きを感じにくくなるので、意識的に水分を補給してください。ミネラルウォーターか緑茶がオススメで、口の中に潤いを保つように心がけましょう。このほか、マスク のニオイにはマスク用スプレーを用いるのも一つの方法です。需要の高まりを受けて様々なマスク用スプレーが販売されています。アルコール除菌によって臭いを抑えるタイプと、アロマ効果によって臭いを防ぐものがあります。好みのものを選ぶと良いでしょう。マスクからニオイが貫通しにくい不織布タイプを選ぶのも大切です。ろ過率によってニオイをブロックする率も多少変わってきます。