キスをする時に口臭が気になってる方にケアの方法をご紹介します。
いい匂いにするためには、日常的な習慣が大事になります。
口臭の原因には、まず口内の汚れを取り除くことが必要です。歯石や食べ残しのカスが残ったままであると、そこから臭いが発生する原因となります。舌苔といい舌にも汚れがびっしり溜まってると舌の色が白っぽくなるのでいい匂いにするためには歯医者で歯石の除去をしましょう。また口臭のあるままキス をすると、相手に口臭の原因である歯周病原菌を移してしまい不快な思いをさせてしまいます。歯医者で歯石や舌苔を取り除いたら、毎日のセルフケアが大事になっていきます。
あなたは食事の後はどのように歯磨きしていますか?口臭ケアを徹底するには、歯ブラシだけでは不十分です。歯と歯の隙間につまった汚れを取り除くために歯間ブラシやデンタルフロスを使用しましょう。また殺菌効果のあるデンタルウォッシュを仕上げとして使うことも有効です。次に、唾液の分泌を促すことです。
口の中が渇いた状態であると口臭の原因になります。水分を定期的に摂取している日中よりも寝起きが口臭がきつくなるのは経験した人も多いのではないでしょうか。普段から唾液の分泌を促しいい匂いにするためにもガムを噛むなどして自浄作用を高めましょう。
その他口臭の原因となるのはタバコです。本人に自覚が少ないことが多いものの、キス をする相手には敏感に臭いが伝わってしまいます。禁煙は難しい場合はスプレータイプのマウスクリーニングやタブレットで爽やかな香りを演出できます。
自分で気付きにくい口臭ですが、毎日の丁寧なケアで口腔内をきれいに保つことが1番の近道になるといえます。